沖縄のガマ・戦跡案内
 
お問い合わせ   スケジュール

 

ヌヌマチガマ八重瀬町の田園地帯のなかにあるガマ(自然洞窟)です。傷病兵を治療する病院施設として使われました。
全長約500mの洞窟で、西側(病院施設側)は「ヌヌマチガマ」、東側は「ガラビガマ」と呼ばれます。

 

続きを読む: ヌヌマチガマ

カマシチャガマは八重瀬町字世名城にあります。野戦病院として使われたヌヌマチガマとは500mほど離れた場所にあります。沖縄戦の初期には住民の避難場所として、のちには日本軍の陣地として利用されたガマです。

 

続きを読む: カマシチャガマ

ターガーガマ南城市玉城にターガーガマがあります。入口は狭いけれど、奥は約250mもある深い洞窟です。
 

日本軍の沖縄守備隊は、米軍に追い詰められて糸満市の摩文仁(まぶに)まで撤退しました。摩文仁の丘は、多数の兵士・住民が亡くなった激戦の地です。
摩文仁の周辺には、遺骨収集や調査がまだ進んでいない壕が多くあります。平和記念公園内の納骨堂近くにある壕も、そのひとつ。海岸近くの急斜面のなかにあり、ジャングルのような原生林に囲まれているので、なかなか人が近づけないのです。
 

続きを読む: 摩文仁 納骨堂近くの壕