沖縄のガマ・戦跡案内
 
お問い合わせ   スケジュール

 

 
沖縄戦を語り継ぎ、平和な未来を築くために。
 
 

このホームページは、
沖縄で平和学習ガイドや遺骨収集活動をしている
松永光雄の個人サイトです。

沖縄では、平和学習のために訪れた方々をサポートするために、多数の団体・個人が平和学習ガイドとして活動しています。
このサイトでは、沖縄に残された戦争遺跡などをご案内しながら、平和学習ガイドや遺骨収集の活動についてお伝えしていきたいと思います。


ガマのご案内

沖縄各地にあるガマ(自然洞窟)は、沖縄戦で多数の住民が避難したり、日本軍の陣地や野戦病院として利用されたりしました。戦後70年を過ぎた今でも、調査や遺骨収集の進んでいないガマがまだたくさんあります。ここでは、沖縄戦を学ぶ体験学習の場としてよく利用されるガマの一部をご紹介します。

 
ヌヌマチガマ カマシチャガマ ターガーガマ
 
 
新着情報
ガマ入壕申込書   「ガマ入壕申込書」ダウンロード

お申込みされる前に「平和学習の基本」ページを必ずお読みください。

「平和学習の基本」ページ
【1】 左の画像をクリックして、申込書のPDFファイルをダウンロードしてください。
【2】 申込書をプリントアウトして、必要事項をご記入ください。
【3】 下記の番号へファクス送信してしてください。
FAX番号
 
 
ガマのご案内
ガマのご案内 松永 光雄

八重瀬町在住。1988年から平和ガイドを始めました。
沖縄陸軍病院第三外科壕で看護婦長をされていた具志八重さんにすすめられ、遺骨収集に参加したことが、平和ガイドになったきっかけです。たくさんの沖縄戦体験者にお会いして、戦争体験を後世に伝えていきたいと考えるようになりました。